岡山で古家のリノベーションとDIYと子供のアプリ

おばあちゃんから引き継いだ自宅をリノベーションするまでの記録やDIY記事を掲載してます。リノベーション時点で築83年です。岡山でリフォーム検討されてる方はぜひご連絡ください、いい大工さん紹介します。それと子供のアプリ紹介してます。

カテゴリ: リノベーション全般

全体の流れとして覚書

最近ブログ村に登録したことにより、
突然見てくれる人が増えました
といっても一日14人前後ですが

あらためて今までの流れを大雑把に記載します。

結婚して依頼ずっと新築を考えていた
建てるならココのメーカーだ!と決めていた
新築の個性的なメーカーがありました。
でも
おばあちゃんの住んでいた家に済むようになり、
ふと本気でリフォームしたらどうなるのかと
考えだす・・・ネットで検索し
リノベーション会社を見つけ、
家を診てもらう
プランがよかった
金額もよかった

あっというまに契約する
多分リノベーションを考えだしてから一ヶ月
くらいで契約したかな?
でも結婚してから5年位さんざん新築メーカーはまわって
素人なりにはこういう資材やオプションを使うといくらくらい増える
とか感覚的にわかるようにはなりました。
そのため決断が早かったのだと思います。

引っ越し寸前で
ローン問題が少し発生

でも問題解決

家の解体が始まる

この頃から仮住まいでDIYの机作成の日々

また銀行から少し問題発生と言われる
たしか準防火地域のため、建築確認がいるかどうかの話だった

一応必要ないということで解決する

家の組み立てが始まる

またまた銀行から
通行地役権のことで問題発生と言われる
道路が私道で、名義が四人に分かれていた、
その四人に道路として使用していいか許可を取りなさい
と言われ、一人見つからず絶望する。
そして

本審査は通ったと言われていたはずが、
この通行地役権が解決しないならうちの銀行では取り扱いできない
と言われる。
担当の銀行マンが適当すぎた
(後日銀行の責任者に来てもらい謝罪をうける)
とうとう最初から話をしていた銀行では取り扱えないと言われる

精神的に非常にきつい状態



あと2週間程度で家は完成なのに・・・


親の紹介で
地元のおかやま信用金庫さんに行ったところ、
通常のリフォームローンで話が早く、ちゃんと進みました。
(非常に助かりました自営業さんは
こちらへ行ったほうがいいです、新築でも)

最終的には親から最初の予定より多めにお金を借りる

なんとか支払い完了
たびたび問題を引き起こした銀行と話し合い
よくない営業マンにあたったのだと知る


無事引っ越し

本当に良い大工さんに仕事をしてもらえ、途中いろいろな面で助けてもらえましたが、
銀行には本当に困らせられました。
こちらも知識不足で
銀行の担当を年配なので、ベテランだろうと信用してしまったのは失敗でした。
実際はその業務自体は始めて数年。
多分うちの
リフォーム分を新築ローンみたいな金利でという
今回のパターンはプランができたばかりで始めてだったのかも?


現在は
ベランダ家庭菜園とDIYをちょこちょこしております。
非常に快適な住まいになりました。
よく家は3回建てないと理想の家はできない などと言いますが
うちの場合は5年位住んだ状態からのリノベーションだったので、
一発で完璧な仕上がりです、
リノベーションの良いところってこういう点かなと思います。


ローンの話について訂正があります。

私の家は結果的に
銀行ローンを700万
300万くらいを自己資金
残りは両親から借りております。


ブログの最初の方で、住宅ローンを適用してもらえて、
つなぎ融資はなしだけど、金額を多く借りれる所があった
のような表現で書きましたが、

最後の最後でどんでん返しがありまして、
銀行から1000万以上安い金利で借りれなくなりました、
(私は知識不足ではありますが、私に悪意のあるミスはありません
悪意があったのは銀行です)
この銀行、担当については非常に注意が必要で、多くの人が騙されては
可哀想なので、是非住宅ローンが適用できる など美味しい話を聞かされた
場合は、ご一報ください。同じ銀行でしたら注意点をお知らせします。
中国地方では有名な銀行です。



結局違う銀行で通常のリフォームローンになりました。
最初今回最初話をしていた銀行がダメになった事情を説明し、
私の年収などを話をすると、十分借りれるでしょうと言われましたが、
一度審査に落ちました(この時点で不安MAX&自殺覚悟レベルの心境)でしたが
前の銀行でも審査を通してるのが原因ではないかということで、
担当の人が審査会社に説明文を送ってくれました。
こちらの銀行は非常に優しく、頭も低く、店長?みたいな人も
親身で、
「いつか新築を立てる時もお願いしますね」とお願いをするスタンスでした。
ああこれこそ銀行だよな そうだ銀行ってお金を借りてもらうのが銀行なんだよな
と感じさせてくれました。

そもそも最初の銀行は態度がおかしかった。

ちなみに良い銀行さんはおかやま信用金庫です。
こちらは命の恩人の銀行なので、良い宣伝をしたいです。


一応1000万以下なら借りれる、いくらでも
ということにはなったのですが、
最初の金利1.3%とかではなく、
3.4%とかになってしまったので、
借りる額が減ってもトータル払う額が多くなってしまう状態になりました

そこで銀行からは借りる金額を減らして、
親ローンを増やした状態になりました。


銀行については本当に慎重に選んでください。
いざローンが通っても、通ったあとに
なにかこの担当おかしいぞ、など感じた場合、
他の銀行にもダメになった場合の保険として、
話を通しておくべきだと私は感じました。

それとお金がかかってもいいからプロのファイナンシャルプランナーなどに
相談を持ちかけたほうが良かったのかもしれません、
リフォーム屋さんもお金のプロではありません、
毎日のようにローンを通しているわけでもないでしょう、

素人からすると当然過去にも同じパターンがあり、
経験を積んでいることだろうと思うかもしれませんが、
もしかしたら「このパターンはいつもと少し違うけどまぁ
いつもどおりで大丈夫だろう」

と内心思っているのかもしれません。




柿渋についてなかなか情報が
少なかったので、

私なりに思ったことですが


今回使用したのは無臭柿渋です
アマゾンで買えます

ターナー 無臭柿渋 500ml

新品価格
¥1,087から
(2016/1/7 22:48時点)



一応ホームセンターで買いましたが
アマゾンのほうが数十円やすかったです

わたしが購入したのは500mlです

通常柿渋はすごく臭いそうですが、
この柿渋は本当に匂いはないです。
鼻を近づけても匂いはなかった
(もうこのブログを書く時点で4ヶ月前の思い出ですが)
室内でも問題なく使えると思いますが、

シャバシャバの液体のため、
こぼれると大変です。
フローリングなら拭けば大丈夫ですが、
無垢の床やコンクリートだとすぐ色がつきます


倍以上にうすめていいので、
まぁまぁ面積は濡れます
うちは机3枚 (6m2)くらい?
塗って、まだ半分くらいのこってるかな?
余っても使いみちがないですね・・・

日に当てると濃くなるという
不思議な性質があるようで、
塗ってから日にあたるよう外においていました。
途中強風でせっかく綺麗に磨いた板が倒れ、
ささくれができたりしましたが涙


でも結局妻はツルツルした感じがいいそうで
柿渋で仕上げたままだとどうしてもつるつるにはなりません。
ヤスリで仕上げた木に水を塗った程度のものなので、
ニスのようなツルツルになるイメージとは違います。


結局BRIWAXを購入、塗布しました。

ブライワックス・オリジナルBRIWAX(クリアー)400ml

新品価格
¥2,808から
(2016/1/7 22:55時点)



このクリアのタイプを買いました。
せっかく柿渋を塗ったので、色付きだと意味がないと思い・・・

BRIWAXも一応蜜蝋など天然系だとは記載がありますが、
かなり匂いはあります。
ガソリン系の匂いですね
室内でする場合は換気が絶対必要だと思います。

でもこんなことなら

未晒し蜜ロウワックス ★ 300ml (C)タイプ 蜜蝋 みつろう ◆ スポンジ付き

新品価格
¥3,390から
(2016/1/7 22:56時点)



最初から完全蜜蝋系のこれを買えばよかったとちょっと後悔・・・
結局柿渋とBRIWAXで3500円くらいかけてしまった涙



今日すっごくいい本を見つけたので、
紹介です。

まぁずばりこれなんですけど

年収200万円からのマイホーム戦略

新品価格
¥1,512から
(2016/1/7 22:36時点)



古本屋さんで350円でした
探す手間を考えるとこのAmazonで中古で買うので十分安めだと思います。

私が結局新築思考をやめて、リノベーションに至った経緯や
漠然と自分の中で正しいと考えていたことを、
見事に正しかったのだと思わせてくれる本でした。

まぁ買ってはないので笑 すこし多めに立ち読みしたのですが、

自分の思っていたことというのは例えば
これからの時代35年もローンくんで払えないんじゃないかな?とか
これから人口が減っていくのに郊外に土地を買って
新築をたてて、結局ローン終わる頃には土地も価値がないだろうし、
僕は価値の無いものを買うの?とか
思っていた事が見事に判断が正しかったのかなと思わせてくれました。

ただ人の価値観はそれぞれです。
お金のある人は新築や新品のマンションがよかったりすると思います。
もちろんそういうのもありだなと思います。

結局新築を買う人が居なければ中古で良い家を買える人もいなくなりますし。
経済が回りませんよね
私は今回のリノベーションで満足していますが、
妻はテレビですごい立派な新築をたてているのを見ると
「あ〜ああいうのが憧れだったな〜」とか
普段は満足しているように言いますが、本当の本当にこれが100%の満足なのかはわかりません。

私の場合はとくに土台となる家を家族からもらえていたので、
特に有利な状態でリノベーションができていますが、

これから中古住宅を買おうとしてる人も、
新築願望の強いひとも、ぜひ読んでみて損はないんじゃないかなと思います。

数千万の買い物をする手前に、数百円の本で勉強できるなら安いかなと感じます




しばらくブログを休止しておりました。

仮住まいではインターネット環境がなく、
スマホからでは更新が大変だったのと、あまり頻繁に
ネットをしていては容量制限に引っかかりそうだった為、
やめておりました。

かなりのトラブルや大変な事もありましたが、
無事完成し、
11月上旬から引っ越しをスタートし、
なんとか引っ越しも完了し、

住みつつもDIYで自分の机兼棚を作ったり、
靴箱を作ったりしております。


今後これまでの経緯を記載していきたいと思います

リフォームやリノベーションについて悩みごとがある方は是非メッセージください。

同じ県でしたらとても良い大工さんを紹介できます。
違う県でもローンやコスト関係の話など、
相談できると思います。


これは組み立ての部類ですね

コンクリートが打たれていました。

我が家は玄関と、玄関を入って左の部屋(私の作業部屋)
がコンクリートの土間です。
部屋がコンクリートというのは冬寒そうですし、
夏でも靴などを履かないと過ごしにくそうですが、
外との出入りをよくするのと、
ペットのうさぎがいろいろ床を汚すので、
コンクリートにしました。
憧れていた住宅メーカーのリビングも一部が土間だったので、
まぁなんとかなるだろうと、
冬寒ければ板でも引けばいいかなという考えです。

それと写真の奥のほうがお風呂が設置される場所です。
IMG_65292028129-thumbnail2

ヌシつながりでもう一つ話題ですが



木の板に書かれた子供の絵が出てきました。



おっこれは自分の父親の絵だな!!



と思い保管しておきました。



タイトルは「おにいちゃんのえ」

となっており、

この家に住んでいてお兄ちゃんがいる人といえば

私の父親しかいないと思い込んでいたのですが、





親に見せた結果、

ここに書かれている「お兄ちゃん」とは

私から見ておじいさん という事が判明しました





これまたびっくり



時空を超えていますね



私から見ておじいさん(亡くなってます)

は妹が居たそうで(亡くなってます)

その妹が子供の頃に書いた絵



というのが親に聞いて判明しました。



筆跡(親の字と違う)や記憶からの判定ですが。



おじいさんは生きていれば80歳前後くらいだと思うので、

お兄ちゃんと言われこの文字のレベルからすると小学生1年生くらいでしょう



となるとちょうど妹が7歳くらいかなと



ということはおじいさんが10歳くらいで



と考え



今から70年は昔のものだということが判明しました。



戦争の頃の絵ですね



ちなみに裏面には



「おにいちゃんのばか」

と書かれ、上からぐしゃぐしゃと消している跡があります。



喧嘩したのか

なんとなくいたずらごころで書いたのかわかりませんが、



本当に今回解体してみて色々な家族の歴史が判明してきました。

なぞのタマゴが解体中に出てきました。





解体中の現場に訪問した際



地面にまとめて2セット転がっており、

えっこれはなに??

たまご??



なんの??



と思っていたのですが



大工さんが 



ヌシのタマゴでしょうね



というので



えっ??ヌシ?

大工さんが冗談言った??



ヌシってなに???



と頭のなかでは今まで家に出てきたいろいろな虫を思い出しましたが、

どれもこのサイズのタマゴを生みそうな生き物は思いつきませんでしたが、



「昔は一家に一匹居たそうです、蛇が」



と言われやっとヌシとは蛇の事だというのが理解できましたが、



それはそれでびっくりしました。

私の住んでいるときは見なかったので、

もう最近はいないのでしょうが、



子供の頃住んでいた親に聞くと



アオダイショウみたいなのをたまに見ていたと

言われました。



びっくりですね



まぁ40年以上は昔の事でしょうが、

大工さんの話が本当だったことにびっくりました
image-d42ac-thumbnail2

少し更新が空いてしまいました

毎日解体ばかりで、現場にいれば感動はするのですが
画像で見ていただくのは難しいですね

少しずつ写真掲載します。

私は仕事柄昼間に時間があいたりするので、
空いた時間は現場に訪問しています。

大工さんからしたら施主がちょいちょいくるのって面倒でしょうけどね

しょっちゅう行くので居てもいなくても気にせず作業してもらったり休んで
もらったらいいのですが、
やっぱり気を使われてしまいます。

昨日は地面に転がっているゴミ集め

今日は風呂場やトイレ周辺を壊してできたガレキを土のう袋に詰める
作業を手伝いました。

ほんとに大変で腰が人生で一番やられました。
ガレキを15袋分くらい?作ったと思います。

1時間程度の作業でしたがきついですね

大工さんはほんと大変ですね

それと昔は風呂場がカマド?みたいな感じだったそうで
レンガが多いです。
綺麗に残せる分だけ保存しておいて、
後々玄関前に使う予定です。

普通のレンガですが80年の年数経過しているので、よく言えば
多少オールド感?が出てる気もします

image-a006c-thumbnail2


image-8fdef-thumbnail2

解体が進むとその家の歴史がわかり、
おもしろいこともありますが、
その反面知ってびっくりすることもあります


今回一番の衝撃的事実は床下のカビ
です

うちの家はカビの時期?になるとなんだかカビくさいなぁ
とか
カラーボックスがカビたりするので、
これのせいだな と思い拭いたり処分したりしていたのですが

何故か匂いが消えないなぁと思っていましたが、

床下がかなりカビていました、
この環境で寝ていたとは恐ろしい

どうりで最近鼻の調子が悪かったりしたなと思いました。


さすがに築80年
リフォームは繰り返しているものの水道管の交換はあまりされていないようです。

長年かけてちょろちょろと水が漏れ続けていたようです。

床下の土が水道周りや寝室あたりがカビていました。

水道管にはナマリが使用されていたことが今回判明しました。
あまり体にいいものではないそうです。

この状態であと何年も済まなくてよかった


古い家に住んでいる方はぜひ一度床下の状態を見てみてください。

意外とゴミが散らかっていたり、
カビていたり、
びっくりな事実が判明するかもしれません。

画像は腐ってる柱です
柱というか床下の床を支えてる木ですね

まともな柱で腐っているのは風呂場に隣接する木だけでしたが、
ひどいのは本来床下に使うものではないはずの

ふすまのレールの木とか

普通の細い木とか

腐って当然 というかここにこれ使うのおかしくね?

という木が洗面所あたりに使用されており、
見事に水漏れからの湿気で腐っていました。

IMG_6304-thumbnail2
IMG_6303-thumbnail2
IMG_6302-thumbnail2


↑このページのトップヘ