前回の記事で書いた、エアコンの使い回しの関係で、

うちは16年使っているエアコンを
取り外して、もう一度つけるので、
その寸前に

かなり本気でクリーニングしました。

実際やってみると本当に大変です
最近流行りのハウスクリーニングで

1万円くらいなら、ぜひ頼んでいいと思います。

以下
一応手順などです

うちのは取り外した状態でクリーニングしてるので、
あまり参考にならないかもしれませんが、

あっちなみに汚いですが掃除前はこんな感じ

IMG_8208

ちなみに10年間まったく掃除していないのではなく、
住み始めてからは2年に1回は見えるあたりは除菌クリーニングしてましたし、
エアコン掃除スプレーでブシューもしてたし、
それなりに掃除はしてましたよ



IMG_8226

IMG_8202



まずこんな感じで脚立にくっつけました
コンパネを脚立に木で挟んで取り付けて、
エアコンの取り付け金具をコンパネに取り付けし、
壁についている状態を再現

そこから分解

IMG_8211

IMG_8212

IMG_8213
IMG_8200

まぁ汚いですね、
分解はわりと簡単です
見えるネジを外していけばOK
ただ途中画像の冷却フィンの取り外しはネジが固まってたり、
配管が邪魔で取り外しは大変でした、
これを外さないと一番汚れの根源である、
青色のくるくる回って風を出す装置が掃除できそうになかったので、
がんばりました、

外してしまえばあとはひたすら掃除、
ブラシなどで水をかけながらやります
多分なにか大きなタライなどを用意して、
(セメント混ぜる桶みたいなやつ)
セスキ炭酸ソーダにでもつけておけばかなり楽かなと思います
ブラシでこすっても根を張っているような感じで、
簡単にはとれませんでした、

あとは乾かしてから組み立て、
ネジが一本あまりました 笑
業者さんに壁に取り付けてもらったあとで
この青色のフィンをとめていたものだと
わかりました、(かなり重要なパーツでした)
正面のカバーを外すだけで隙間からネジ止めできました。

簡単に書きましたが、掃除は友達と二人がかりで、
1台に2時間近くかかったと思います、

多分次回はハウスクリーニングに依頼すると思います
しかも次はもう壁についた状態なので、
冷却フィンが外せない、
フィンがはずせないなら普通のお掃除スプレーしか使えないので厳しいかな

あとお掃除スプレーを久しぶりにする場合は
ホコリは取ってからしてください。
ホコリを取る目的でそのままスプレーすると、配管にホコリがかなりの
確率で詰まると思います、
詰まったら一発アウトだと思います。

それとうちのエアコンは引っ越し前は水がたまにピュッと
飛んだりしてきましたが、
掃除がよかったのか、しっかり取り付けられて角度がよくなったのか、
水が飛んでくるのが止まりました。

結構自分で色々やる性格ですが、
エアコンクリーニングは苦労しました。

あと洗濯槽クリーニングも全部分解して自分でしたこともあります、
今はセスキ炭酸ソーダがあるので、
洗濯槽は外さなくてもかなりできますし、
洗濯機は業者さんにたのまなくてもいいと思いますよ