今日すっごくいい本を見つけたので、
紹介です。

まぁずばりこれなんですけど

年収200万円からのマイホーム戦略

新品価格
¥1,512から
(2016/1/7 22:36時点)



古本屋さんで350円でした
探す手間を考えるとこのAmazonで中古で買うので十分安めだと思います。

私が結局新築思考をやめて、リノベーションに至った経緯や
漠然と自分の中で正しいと考えていたことを、
見事に正しかったのだと思わせてくれる本でした。

まぁ買ってはないので笑 すこし多めに立ち読みしたのですが、

自分の思っていたことというのは例えば
これからの時代35年もローンくんで払えないんじゃないかな?とか
これから人口が減っていくのに郊外に土地を買って
新築をたてて、結局ローン終わる頃には土地も価値がないだろうし、
僕は価値の無いものを買うの?とか
思っていた事が見事に判断が正しかったのかなと思わせてくれました。

ただ人の価値観はそれぞれです。
お金のある人は新築や新品のマンションがよかったりすると思います。
もちろんそういうのもありだなと思います。

結局新築を買う人が居なければ中古で良い家を買える人もいなくなりますし。
経済が回りませんよね
私は今回のリノベーションで満足していますが、
妻はテレビですごい立派な新築をたてているのを見ると
「あ〜ああいうのが憧れだったな〜」とか
普段は満足しているように言いますが、本当の本当にこれが100%の満足なのかはわかりません。

私の場合はとくに土台となる家を家族からもらえていたので、
特に有利な状態でリノベーションができていますが、

これから中古住宅を買おうとしてる人も、
新築願望の強いひとも、ぜひ読んでみて損はないんじゃないかなと思います。

数千万の買い物をする手前に、数百円の本で勉強できるなら安いかなと感じます