岡山で古家のリノベーションとDIYと子供のアプリ

おばあちゃんから引き継いだ自宅をリノベーションするまでの記録やDIY記事を掲載してます。リノベーション時点で築83年です。岡山でリフォーム検討されてる方はぜひご連絡ください、いい大工さん紹介します。それと子供のアプリ紹介してます。

今回リノベーションをすることになりましたが、

結構つまづいたのが建物の名義変更です。

元々おじいさんの名義だったものを、
おじいさんが亡くなったときに父親に名義変更していました
(土地も家も)

ですが

2階の登記がちゃんとされていなかった!?
(固定資産税はちゃんとかかっていました)

2階建てなのに、
1階の平屋が二軒あるような感じで申請されていたそうです。

元々1階建ての家に、2階を増築した時に
うまくできていなかったような?
もう増築したのは50年近く前のことなので、
だれもその時のことはわかりません。

結果として、ほとんど父親がしてくれたのですが
流れとしては

2階の登記をし直すために
測量、図面の作成

2階の登記

4日後

2階登記完了

家全体の名義変更

建物だけ自分の名義へ変更

3日後

完了

という感じでしたが、
図面の作成が大変でした、
費用の節約のため、プロにはたのまず自分で作成したのですが、
昔の図面はあったのですが
今の寸法と微妙に違ったり、
そもそもどうやって何に図面を書くのか
非常に困りました。

次回記事でまとめます。




土地と建物の登記のための図面作成について


今回私がしたのは建物の登記のみです。

自分で作成し、提出しました。
いまいち情報がなくて、苦労しました。


まず図面の作成には専用の用紙を
便利なものを作成してくれてるサイトがありましたので、
そちらから購入しました。

(自分で登記をする会)
ですね
送料込み600円位で透けて映せるシート3枚と
通常のコピー用紙3枚ありました。
法務局が出してる用紙もあるそうですが、
こちらのほうがいいと思います
コピー用紙でも私の所の法務局は大丈夫でした。
上質な用紙 というのがポイントだそうです。

私はパソコンが結構得意なので、CADでやったりイラストレータでやったりと
いろいろ挑戦しようとしましたが、結果手書きが一番良いです。

ペンは文房具店でイラストなどを書く用の
0.02mmのペンを購入しました。

ペンの太さについて0.2mm以下などのペン
などと指定があったのですが、
普通にボールペンやシャーペンでは探すのは困難でした。

イラストのコーナー(漫画などの画材)にあったペンは200円程度で
条件を満たしており、問題なく受理してもらえました。

そして図面の書き方については、図面作成のプロに質問できない人は
法務局の人に最初にしっかり聞いてください

私は自分ですると伝え、見本の記載された本のコピーをもらい、

その見本通りに作成して持っていったのに、
今はルールが変わっていると言われ、

どうでもいいような部分(面積の書き方 + ではなく 合計 と書くなど)
を修正してもう一度出すように言われたり、

なんであとからあとから追加でルールを付け加えるの??
と非常に困りました。


見本を渡されても信用してはいけない!
相手はお役所だ!!

というのが自分でされる方に伝えたいことです。

あとは面積の計算方法や
縮尺の計算方法、1メートルを1/250だと何センチなのか
などが難しかったですが、

例えば 電卓で 10メートルを 1/250にしてセンチにしたいなら
10mは 1000 ÷ 25000% = 4 と
出るので、 4cmです

この繰り返しです。
8m48cmなら
848 ÷ 25000% = 3.392 と
出るので、 3.392cmです。

私は特殊なものさしなどは持っていませんので、
通常の1mmずつしかないものさしですが、
なんとなく、3.392なら
3.4cm(34mm)のちょい手前だな 
とかアバウトな感じでしたが、それで大丈夫でした。

それと図面の右側 建物の周辺図に関しては必ず
土地の公図 を取らないと作成できません。

これは法務局で取得できます。
番地などが普通に普段目にしている番地と違うので、
公図を取得しないと絶対に書くことはできません。

用紙と
ペンとものさし
公図
があればなんとか自分でもできるとは思います。
昔の図面などがあればラッキーですね
ただ昔の図面は 柱の中心からサイズを記載してるようで、

実際の外枠のサイズを測ってみると数センチずつズレが出ます。
どちらに合わすべきか法務局に確認したほうがいいと思います。





リノベーションなどをする場合、
今ある設備を再利用したり
捨てたりなどいろいろありますが、

家電品や家具関係の処分って、まとも捨ててたら結構お金がかかります。
そこでリサイクルショップや鉄くず屋、古紙回収場や無料回収の業者
いろいろな方法を利用して損しないように売りましょう。


エアコンなんか家電メーカーに処分をたのんだらリサイクル料金や
撤去費用など取られますよね
エアコンの室外機は鉄でできており、
これは鉄くず屋さんにもっていけば意外と数千円になったりします。
もう外してしまうならだれでも外すのは可能だと思います
とにかく引っこ抜いてしまい、
車に積んで、
買い取りをしてくれる鉄くず屋さんに持っていく
そうすれば意外なお小遣いをゲットできます
室内機も有料で取られるようなことはだいたいないと思います。


あとは紙くずはポイントに変換したり出来る場所が最近増えてますね
道端にBOXがおいてあり、
入れてボタンを押せばポイントゲットしてクオカードやティッシュになったりします。

あとは家具関係は大きな半端に古いソファなどはどこの業者も引き取りしてくれません、
さすがにこれは市役所の回収に頼んだりのほうが楽かもしれません、
それほど高くないですよ



今回私は引っ越し業者にたのまず、
すべて自分で荷物移動をしましたが、
そういう場合はダンボールはホームセンターやスーパーなどで
集めましょう。

そして荷物を運ぶ順番ですが、
すぐ生活で必要なモノを先に運んで奥においてしまうと、
引っ越し後に必要なものがすぐない!
となってしまうので、
意外と本当にすぐ必要なものはあとから運んだほうが良いですね。

それと
引越し先がプロパンガス(都市ガスもかな?)
の場合、ガス会社への連絡を早めにしないと、
夜温かい風呂に入れな〜い 

なんてことがあるかもしれませんので、

まず引っ越したら先にガスが使えるかを確認したほうがいいですね

それとリフォームする家も、

うちは今回キッチンが都市ガスだったのをIHにするので、
ガス会社に連絡して、止めてもらいました。
瞬間湯沸し器とガスコンロの撤去を頼まなければ、
勝手に敷地に入ってガスメーターを勝手に持って行ってくれました。

ただしガスの配管は残ります。

こういう月々料金がかかる関係は日割りとか月ごととかいろいろですが、
後回しにしてお得になるものはたいていありません。

電気、ガス、水道、ネットなどは早めに解約や
一時停止の連絡をしましょう

まぁ大体ガス以外はリノベーションの場合止めることにはならないですが、、、

とうとうリノベーションへの前段階

引っ越しをしました。

うちは自営業で商品関係もあるので、
通常より荷物が多いと思います。
まぁ捨てられないっていう性格もありますが、

新築でしたら引っ越しは建ってからの一回ですみますが、
リフォームの辛いところは引っ越しを二回しないといけないことですね

うちは8月お盆前、非常に暑い日に引っ越しをして、
本当に疲れました。

そして引っ越し業者に頼まないので、
3,4日かけての引っ越しとなります。

引っ越し先についてですが、
リノベーションの会社にどこかいいところはないかと聞き、
ちょうどいい所が出てきたということで、
手配してもらいました、

これに関してはリノベーションの会社が賃貸の不動産もしていたので、
知り合いが多く、知り合いづてに紹介してもらった感じです。

家賃は5万円 一戸建て、 4LDK 3ヶ月なので15万円
敷金礼金はなしです。原状回復義務もとくになし。

その代わり、お年寄りが住んでいた家で、空き家になって3年位放置?
されており、
近くの大家さんが購入し、これからリフォーム予定の家を借りるので、
床は抜けそうな所があるし、
かなり汚れているので、掃除が大変でした。
でも敷金礼金なしというのが非常に大きいです、

普通に賃貸屋に行って礼金とられたらもったいないですから


ただインターネットの環境がなく、
スマホからのテザリングなので、
あまり更新できないなぁというのが悩みです。

まだまだリノベーションに向けてローンのための書類集めなどがありますが、

がんばります




↑このページのトップヘ