岡山で古家のリノベーションとDIYと子供のアプリ

おばあちゃんから引き継いだ自宅をリノベーションするまでの記録やDIY記事を掲載してます。リノベーション時点で築83年です。岡山でリフォーム検討されてる方はぜひご連絡ください、いい大工さん紹介します。それと子供のアプリ紹介してます。

解体が進むとその家の歴史がわかり、
おもしろいこともありますが、
その反面知ってびっくりすることもあります


今回一番の衝撃的事実は床下のカビ
です

うちの家はカビの時期?になるとなんだかカビくさいなぁ
とか
カラーボックスがカビたりするので、
これのせいだな と思い拭いたり処分したりしていたのですが

何故か匂いが消えないなぁと思っていましたが、

床下がかなりカビていました、
この環境で寝ていたとは恐ろしい

どうりで最近鼻の調子が悪かったりしたなと思いました。


さすがに築80年
リフォームは繰り返しているものの水道管の交換はあまりされていないようです。

長年かけてちょろちょろと水が漏れ続けていたようです。

床下の土が水道周りや寝室あたりがカビていました。

水道管にはナマリが使用されていたことが今回判明しました。
あまり体にいいものではないそうです。

この状態であと何年も済まなくてよかった


古い家に住んでいる方はぜひ一度床下の状態を見てみてください。

意外とゴミが散らかっていたり、
カビていたり、
びっくりな事実が判明するかもしれません。

画像は腐ってる柱です
柱というか床下の床を支えてる木ですね

まともな柱で腐っているのは風呂場に隣接する木だけでしたが、
ひどいのは本来床下に使うものではないはずの

ふすまのレールの木とか

普通の細い木とか

腐って当然 というかここにこれ使うのおかしくね?

という木が洗面所あたりに使用されており、
見事に水漏れからの湿気で腐っていました。

IMG_6304-thumbnail2
IMG_6303-thumbnail2
IMG_6302-thumbnail2


大工さんってすごいですね
柱をバコーンと外して
その場で切ってくっつけてどんどん組み立ても進みます

リフォームを繰り返し、無意味にあった柱は
外して、ちゃんと柱を立て、
頑丈そうになりました

ただやはりリフォーム中は工事をよく見張ってないとだめですね
うちを今回工事してくれてる大工さんは絶対適当な仕事はしなさそうですが、

お婆さんが住んでいた時にしている工事は、ずさんです。
ドアを引き戸から普通のドアにしていますが、
周囲の断熱が超適当
断熱の破片を置いときました
って感じで、
だれがどう見ても絶対騙されたなと分かります。
お年寄りのリフォームは簡単な工事そうでもちゃんと工事中は見てるようにしましょう

image-b1f99-thumbnail2
image-2781b-thumbnail2

image-e9225-thumbnail2
image-63407-thumbnail2


なんと築60年ではなく築83年の昭和7年上棟ということが判明しました。
うすうすご近所の人からのはなしで、70年はたっているなど話は聞いていたのですが、屋根裏に昭和7年 1月2日上棟式 と書かれた看板のようなものが貼り付けられていました。

びっくりです

まぁ60年も80年もたいした差ではない感覚になります。

しかし解体をしているといろいろな歴史が判明してきます。

風呂場を解体するとレンガが出てきました。
親に聞くとどうやら昔はそこで薪をくべていたとのこと
たしかに80年前に建てられたときには電気温水器やらは
ありませんもんね

あとは2階にあがる途中に中二階があり、倉庫部分だと思っていたら
じつは元々おじいさんが写真現像のために暗室を作ったそうですね
よく見ると床下にはしごをかけて登ってくる用の蓋がありました。
全然気づきませんでした。

おじいさんのことは全然しらないので、
おもわぬ家族の歴史が垣間見れました。
いい機会ですね

よかったことはシロアリなどにやられていないことですね
床下は結構湿っていたし、風呂場周りが少し床が柔らかかったので
やばいなと思っていましたが、

大工さんに不思議とシロアリなどにはやられていないと言われ、
助かりました。



今日は写真だけです
仕事の合間に少しよって
一応お茶の差し入れだけしました。
ホコリが激しいですね
60年分のホコリですね
もうめちゃくちゃです
でもちゃんと頼んでいた取り外した床の間の
保存はしてくれていました。
image-thumbnail2
image-d5a83-thumbnail2
image-5a281-thumbnail2

踏み台作成完了しました。
2日かかりました。トータル作業はまとめて集中してできれば
1時間ちょっとかな?

素人作成なのでシンプルにいこうと思っていましたが、
やはり難しいものですね

この程度のもので苦労していてはリノベーション完了後に
いろいろ作成するつもりなので、

先が思いやられます。

ジグソーがほしいな・・・


今回1枚の板から切って作成したくて、
土台部分の板に直接作図してきろうとしましたが、
切る寸前で気づきました
IMG_6155-thumbnail2

あっ・・・・

途中切れない場所がある・・・・



カットしたあとの画像ですが、
この真ん中あたりの縦線の部分ですね

ジグソーを持っていればいいのですが
丸のことのこぎりしかないので、

板の途中で直角に折れ曲がりカットすることができません。



しかたなくもう一枚
切ることになりました。

IMG_6154-thumbnail2

カット後


そしてやはり素人ののこぎり作業なので、
いざカット完了して踏み板を載せてみたら

カタカタずれてる感じ・・・


板の向きを変えたり、

ちょっとずつ削ったりで、

なんとかごまかしで完成しました。

ペンキも塗りたいのですが、
まだ試作段階なので・・・

子供は最初は少し不審がりながらも、

しっかり使ってくれました、

蛇口までは届きませんでしたが、
鏡は見えるようになったようで、
クシをするのがちゃんと見えるようになったようです。

まぁまだ真似事で
クシをするほどぐしゃぐしゃにするんですが、
子供が自分の作ったものを利用するのは非常に感慨深いです。

今回気を利かせたつもりで
踏み板の位置をずらしたのですが逆効果でした、
足がよけい当たる感じでした。

普通の位置にいずれ治そうかな

IMG_6157-thumbnail2


散らかってますが、
まだ仮住まいですので・・・
リノベーション終わったら素敵な洗面台になるはずです
といっても仮住まいのほうがいままでの家より断然設備もいいんですけどね
今までは洗面台はほぼない状態でしたので。


↑このページのトップヘ